お庭を素敵にライトアップ♪ガーデン照明でナイトガーデンを楽しむ

  • URLをコピーしました!

カヴァース編集部

室内には照明があるので、夜でも快適に過ごせます。では、お庭にも照明があったら?夜のお庭での楽しみ方が広がるかもしれません!本記事では外構照明の種類や活用法、そしてナイトガーデンの楽しみ方をご紹介したいと思います。

お庭に照明があるメリット

お庭に照明を置くのには色々なメリットがあります。代表的なものをご紹介します。

夜もお庭を活用できる

冒頭でもお話しした通り、照明があることで夜でもお庭を楽しむことができます。趣味のガーデニングで手入れしたお庭をライトアップすることで、昼間とはまた違った表情のお庭を楽しんだり、バーベキューやパーティなども夜のお庭でも快適に楽しめます。

夜のお庭は活動するだけではなく、照明があることで見て楽しむことができる庭になります。街の夜景を楽しむように自宅のお庭の夜景も楽しみたいですね。

住宅を美しく見せる

美観的なメリットもあります。スポットライトやアップライトなどで、外構や植栽、そして住宅をライトアップすることで、住宅外観を印象的に美しく見せます

最近の外構造作のトレンドのひとつに、シンボルツリーのシルエットを外壁に映す手法があります。アプローチに植えられたシンボルツリーを下からライトアップすることで、外壁にシルエットが映り、昼間とは全く違う雰囲気あるファサードになります

ガイド灯として

玄関までにアプローチがあったり、段差がある住宅は、足元や壁面に灯りがあると安全面でも安心です。

最近はソーラータイプの手軽に設置できる照明もたくさんありますので、おすすめです。ガイド灯は、機能面も美観的にもおすすめです。

防犯対策

防犯面から考えてもメリットがあります。

夜間真っ暗な家より、外構に照明があり家周りが明るい家の方が死角も少なく、心理的にも忍び込みにくくなります

お庭の照明の種類

では、どんな種類の外構照明があるのかご紹介していきます。

ポール照明

街灯などのイメージのポール状になった照明です。お庭やファサードのシンボルにもなり、お庭の魅力を上げてくれます。

施工工事が必要なものが多いですが、DIY対応可のものもあります。

ガイド照明

手軽なものは杭のように地面に差し込むだけのものや、地面に直置きできるものがあります。これらは、ソーラー蓄電タイプのものが多く、電源が入らないのも魅力的です。

他にもLEDライトがテープ状になったものなどもあり、既存の門扉などに使う他、テラスの内側などに使っても面白いです。

アップライト(下からの照明)

下から樹木や植栽、外壁を照らすスポットライト照明です。木々の美しさを夜間に楽しんだり、住宅のライトアップに使います。

施工工事が必要なものが多いですが、個人での設置が可能な商品も出てきています。

ダウンライト(上からの照明)

室内照明でもお馴染みのダウンライトです。外では軒下への設置が基本です。電気配線等、一般的には施工工事が必要です。

もうひとつ、上からの照明では、スポットライトによる照明もあります。人感センサー付きなどで防犯照明としても使われることが多いです。施工工事もお願いした方が安心ではありますが、ソーラータイプで電源を必要とせず、専用器具があれば、個人で施工できるものもあります。ご興味がある方は調べてみてください。

照明の設置場所

照明の種類をご説明しましたので、どこにどのように設置すると、ナイトガーデンを楽しむのに効果的かご説明します。

玄関アプローチ ファサード

まずは、魅せる照明。玄関、ファサードへの照明です。

ファサード部分には、シンボルツリーなどを配置することが多いかと思います。このシンボルツリーをアップライトで下から照らしてみてください。広葉樹なら、葉の重なりや印影が強調され、昼間とはまた違った雰囲気の姿を楽しむことができます。針葉樹の場合は、美しい枝ぶりなどのシルエットが外壁に投影され、昼間とはガラリと変わった住宅の外観を楽しむことができます。

この時、どの角度から植栽をライトアップするかで見え方が変わってきますので、何を照らしたいのか、どこにシルエットを映したいのか考慮して照明を設置してください

加えて、アプローチに距離や段差がある場合は、ポイントで良いので段差のある場所や、植栽との堺などにガイド的な照明を設置することをおすすめします。外構を魅せつつ、安全性も高まります

庭は、楽しむ照明がおすすめです。ポール照明ダウンライトを使って、場を明るくしましょう。

電球型の吊るす照明もおすすめです。フェンスや外壁、タープのポールなどに掛けて、空間を明るくできます。パーティー会場を飾り付けするような感覚で照明を設置して楽しい空間を作ってください。

坪庭や中庭

坪庭や中庭は、見て楽しむ照明を意識しましょう。ファサードなどより少し落ち着いた照明にするのがおすすめです。

坪庭や中庭は囲まれていて、こぢんまりとした空間のことが多いので、ワンポイントでアップライトや、置き型の照明を設置し、光と闇のコントラストを作り出すことで雰囲気ある夜の庭になります。

まとめ【ナイトガーデンの楽しみ方】

ナイトガーデンは、活動的に楽しむ、見て楽しむ、安全を確保して楽しむ。そのためには、照明が重要だということがお分かりいただけたでしょうか。夜の庭の楽しみ方は人それぞれですので、楽しみたい場所に合った照明を取り入れ、あなただけのナイトガーデンを楽しんでください!

ナイトガーデンを楽しむためのおすすめ商品

カヴァースでは、お庭に置けるアイテムや、お庭の夜景を部屋から楽しむアイテムなど様々な商品を揃えています。その中からおすすめの商品をご紹介いたします。

おしゃれなガーデンカフェスタイルに テーブル 80×140 ブラック

80×140cmの広い天板で、パーティーにももってこいなガーデンテーブルです。丈夫なポリプロピレン製で、雨風に当たっても簡単なお手入れで大丈夫。屋外で安心してお使いいただけます。シンプルな天板に、テーブルフチから脚にかけては、籐を編み込んだようなラタン調デザインで見た目にもおしゃれです。テーブル中央にはパラソルを立てる専用穴もついていて、昼間はパラソルで木陰を作り、夜はパラソル支柱にランタンを掛けて灯りをとりと、お庭の使い方が広がります。

持ち運びやすくて室内外問わず使えるチーク材の折り畳み式 テーブル

チーク材を使用したおしゃれな八角形の折りたたみテーブルです。板材を組んだ天板が重厚感があります。70×70cmのサイズは1人〜2人でお茶やお酒を楽しむのにちょうどいいサイズです。自慢のナイトガーデンを眺めながら一杯。そんな時間が毎日の楽しみになったら素敵ですよね。折りたたみ式なので、使わない時はコンパクトに収納できるところも嬉しいポイントです。天然木の美しい質感と高いデザイン性は屋内用としても使用可能です。シリーズでチェアやベンチ、四角型のテーブルなどもありますのでお好みでコーディネートしてお使いください。

アンティーク風のグレープモチーフがかわいい メールボックス

玄関周りのアクセントに最適なグレープモチーフのロートアイアン調のメールボックスです。アンティークな風合いが玄関前の素敵なアクセントになります。モチーフの葡萄は、他のものに巻き付きながら多方向に蔓を伸ばして沢山の実を付けることから”成功の象徴”とされています。収納力も十分で、取り出し口は上部が大きく開くので投函物も取り出しやすい仕様です。取り出し口と投函口の間には除き防止用の仕切りも付いているので安心です。そして、下部には飾り棚が付いていますので、置き型の照明を置くのにもぴったりです。

柔らかな曲線美×ウォーターヒヤシンス アジアンカウチソファ 2人掛けタイプ

気分はアジアンリゾート、美しい曲線デザインのウォーターヒヤシンス アジアンカウチソファです。天然素材のウォーターヒヤシンスがワンランク上のインテリアを実現します。ライトアップされたお庭の眺めに心地よい夜風を感じながら、ゆったりとリラックスした時間を過ごすのにぴったりなソファです。オットマン、そしてテーブルも同デザインでご用意していますので、空間に合わせてコーディネートが可能です。

洗えるカバーで清潔 クセになるスゴビーズソファ 1人掛け

このフィット感はクセになる!洗えるカバーのスゴビーズソファ1人掛けです。昼間はガーデニングや家庭菜園、そして夜は自慢のお庭をライトアップして、それを眺める。スゴビーズソファなら疲れた時も優しく包み込んでくれます。座っても胡座をかいても寝っ転がってもフィット!普通の1人掛けソファよりも移動も楽なので、気軽に色々な場所で使えます。オットマンとのセットもありますので用途に合わせてお選びください。

家具インテリアの通販専門店カヴァース
カヴァースマガジンでは、専門知識を持つカヴァースのスタッフが、家具のお悩みを解決できるお役立ち情報を発信しています。おすすめ商品もぜひチェックしてくださいね!

この記事のタグ

  • URLをコピーしました!