アジアンソファの商品一覧です。

家具インテリアの通販専門店 カヴァース
  • 初めてのお客様へ
  • お問い合わせ
  • マイページ
  • ソファ
  • テーブル
  • デスク
  • テレビ台
  • リビング収納
  • 本棚
  • 衣類収納
  • キッチン家具
  • ダイニング
  • ベッド
  • 玄関収納
  • カーテン
  • ラグ・カーペット
  • 照明
  • 布団
  • 子供用家具
全国送料無料でお届けいたします。
TOP > ソファ > アジアンソファ

ソファを探す

→ 全ての全商品一覧 (ソファ)を見る

カヴァースでは、様々なアジアンソファを取り揃えております。他のカテゴリも是非ご覧になってみてください。

ソファ > アジアンソファ
10件の商品がございます。
華やかなアジアンリゾートへ アバカ素材コーナーカウチソファ
価格: 103,578
インドネシア産アバカ素材を使用。部屋に合わせて、自由にレイアウトを変更可能。しかもクッションを移動するだけなので、簡単にレイアウト変更です。(幅170cm)
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 3人掛け
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 3人掛け
価格: 103,578
お部屋の雰囲気を一気にアジアンテイストにかえてくれる3人掛けソファです。こちらの商品には、天然素材であるウォーターヒヤシンスを使用しています。 (幅180cm)
柔らかな曲線美×ウォーターヒヤシンス アジアンカウチソファ 3人掛けタイプ
価格: 103,578
高級感ある人気素材のウォーターヒヤシンスを使用。癒しのアジアンテイストで高級感あるお部屋に。手編みのソファは温もりと優しさが伝わります。(幅174cm)
おしゃれと寛ぎをグレードアップする カバーリングアバカソファ 1人掛け
価格: 45,425
天然素材アバカ×8色のカラーバリエで、寛ぎ空間をワンランクアップ。座面は少し硬めで長く座っても疲れにくい。フェルト付の脚で傷を防止。カバーは洗濯可能。(幅68cm)
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 1人掛け
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 1人掛け
価格: 42,932
天然素材であるウォーターヒヤシンスを使用した、アジアンテイストな1人掛けソファです。職人がひとつひとつ丁寧に編みこんでおり、耐久性に優れています。 (幅75cm)
柔らかな曲線美×ウォーターヒヤシンス アジアンカウチソファ 1人掛けタイプ
価格: 45,425
高級感ある人気素材のウォーターヒヤシンスを使用。癒しのアジアンテイストで高級感あるお部屋に。手編みのソファは温もりと優しさが伝わります。(幅74cm)
柔らかな曲線美×ウォーターヒヤシンス アジアンカウチソファ 2人掛けタイプ
価格: 74,502
高級感ある人気素材のウォーターヒヤシンスを使用。癒しのアジアンテイストで高級感あるお部屋に。手編みのソファは温もりと優しさが伝わります。(幅134cm)
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 2人掛け
職人がひとつひとつ丁寧に手編み ウォーターヒヤシンスシリーズ ソファ 2人掛け
価格: 74,502
落ち着いており、自然な風合いの天然素材である、「ウォーターヒヤシンス」を使用した、アジアンテイストでお洒落な2人掛けソファです。 (幅125cm)
おしゃれと寛ぎをグレードアップする カバーリングアバカソファ 3人掛け
価格: 103,578
アバカ素材×選べる8色のカバーリングで個性を活かせる、3人掛けソファ。華奢な脚は開放感があり、足裏には傷付きを防止するフェルト付。カバーは洗濯可能。(幅172cm)
おしゃれと寛ぎをグレードアップする カバーリングアバカソファ 2人掛け
価格: 74,502
アジアンリゾートも楽しめるお洒落なアバカソファ。編み込まれた天然素材アバカが存在感を放ちます。カバーは個性溢れる8色で、取り外して洗濯可能。(幅120cm)

アジアンソファをご購入する際のご参考にしてください。

アジアンソファに関する購入ポイント

アジアンソファの特徴

アジアンテイストのインテリアや雑貨というと、主にインドネシアをイメージした、東南アジア風の素材や色柄を取り入れたものを想像しますね。広いアジアですから他に中国やインドなど、いろいろな国のスタイルがあるのですが、そのあたりは通常含まれず、アジアンといえば東南アジア風というイメージが定着しました。本サイトで扱っているラインナップも、植物繊維の素材を使った、東南アジアテイストのソファです。

最も特徴的なのは、耳慣れない植物素材を使ったフレームです。アバカというのはマニラ麻のことですが、麻ではなく、バナナの仲間です。茎の繊維が丈夫で柔軟性もあるので、古くから生活の中で使われてきました。細い紐状にした繊維を編みこんだフレームは、細身で主張しすぎておらず、使いやすいソファに仕上がっています。ウォーターヒヤシンスは、日本名でホテイアオイという水草です。水の上に大量に育ち、生態系の妨げになるということから、とって家具などに利用されるようになりました。エコ的発想から作られたものなのですね。こちらは柔らかさ、暖かみのある網目が特徴的で、曲線の美しさが生かされたソファになっています。

アジアンソファのコーディネート

確かに個性ある素材を使ったソファではあるのですが、デザインや色がそれほど特殊なものはありません。東南アジアテイストで全てを統一しようと頑張らず、シンプルにまとめれば大丈夫です。逆に全体を同じように統一してしまうと、かえって私たちには馴染みにくい、非日常的な空間になりがちです。

同じ素材、シリーズのテーブルやテレビ台があればそれとソファを組み合わせ、あとは自然な雰囲気のある素材のものを、自由に置いてみましょう。ソファの脚のように濃い色の木の家具や、ガラスを使った照明、テーブルなどはとくに相性がいいです。足元にいぐさ、ペーパーコードなどのラグを敷いても涼しげでいいですね。布製品は、ざっくりした麻や綿、または鈍い光沢のあるシルク製品がよく合います。家具は茶やベージュを基本にし、布製品で鮮やかな色を足してアクセントにすると良いでしょう。暖色、寒色のどちらでも合います。紫やボルドーといった、インテリアにはややハードルの高い色も、深い色なら意外と馴染むはずです。

カーテンは、ブラインドや無地のシェードでクールに整えてもいいですし、大きなモンステラなど、緑の濃い植物柄のカーテンで、温度感を出すのも素敵です。