スライド本棚の商品一覧です。

家具インテリアの通販専門店 カヴァース
  • 初めてのお客様へ
  • お問い合わせ
  • マイページ
  • ソファ
  • テーブル
  • デスク
  • テレビ台
  • リビング収納
  • 本棚
  • 衣類収納
  • キッチン家具
  • ダイニング
  • ベッド
  • 玄関収納
  • カーテン
  • ラグ・カーペット
  • 照明
  • 布団
  • 子供用家具
全国送料無料でお届けいたします。
TOP > 本棚 > スライド本棚

本棚を探す

→ 全ての全商品一覧 (本棚)を見る

カヴァースでは、様々なスライド本棚を取り揃えております。他のカテゴリも是非ご覧になってみてください。

本棚 > スライド本棚
5件の商品がございます。
収納空間をカスタマイズする リビングキャビネット スライド書棚
価格: 8,051
2列に並べても、奥の本が簡単に取り出せるスライド棚。空間を活かした収納だから、見た目はコンパクト。収納棚は可動式なので、収納する物に合わせて調節可能。
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 シングルスライド 2個組
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 シングルスライド 2個組
価格: 17,424
前後に収納して前面棚をスライドさせて大容量の収納が可能。右は固定棚、左は前後のスライドタイプで本のサイズに合わせてキッチリ収納できます。2個組で満足の収納量。
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 ダブルスライド 2個組
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 ダブルスライド 2個組
価格: 22,014
ダブルスライド書棚の2個組セットで収納量を大幅アップ。前後の棚に大量の本を収納できます。縦に重ねたり横に並べたりできるのでお部屋に合わせたレイアウトができます。
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 ダブルスライド 単品
前後に収納便利にスライド 大容量収納書棚 ダブルスライド 単品
価格: 12,492
前後に収納できる本棚。前面の棚が2つ付いており、ライドして奥にしまった本も楽々取り出せます。棚板も調整可能で自由なレイアウトを作ることができます。
抜群な収納力のロングセラー商品 スライドマルチラック
抜群な収納力のロングセラー商品 スライドマルチラック
価格: 14,767
大容量の収納力に、シンプルなデザイン。3段階の可動棚で、高さの違う物でも大丈夫。漫画もDVDもCDも、あなたの大事なコレクションをきちんと収めることができます。

スライド本棚をご購入する際のご参考にしてください。

スライド本棚に関する購入ポイント

大量の本を合理的に収納

大抵の本棚は本の幅よりやや深めにできているので、小型の本が増えてくると、前後2列にしたり、並べた本の上にまた横向きに重ねたりといったしまい方をしていることも多いと思います。それだと確かに量はたくさん入るのですが、奥に入った本がどんどん取り出しにくくなってしまいます。できれば新陳代謝させて溜めないようにしたいものですが、どうしても1列で足りない場合は、同じくらいのスペースで前後2列にできる、スライド式の本棚を利用しましょう。これは浅い棚が前後2枚入ったもので、前の棚がレールの上で動くようになっています。これなら大量の本もきれいにおさまり、後ろに入った本もストレスなく取り出せます。とるスペースは従来の本棚と大きく変わりません。棚板の高さが調整できるようになっているので、新書と文庫など、高さの違うものを無駄なくおさめられます。空いたところに物を無理に詰めようということをしなくなりますね。

奥行きの浅いものだけを入れることになるので、雑誌や大判の本なども収納したい場合は、小型のスライド棚と、シンプルなオープン棚または扉付きの棚を合わせて置くと良いです。同じ素材で揃っているシリーズものを組み合わせると、失敗なく配置できます。

本棚の使いかた

上でも少しお話ししたように、スライド本棚は、小型の本やCDなどを無駄なく入れるのに適した家具です。大型の書類や本以外のものを収納するにはシンプルな棚の方が良いですから、いろいろな種類のものをまとめたいかたには、スライド式とそうでない棚を組み合わせて置くことをおすすめします。上に積み重ねるより横に並べた方が安全ですし、無駄なく全部の棚を利用できますが、省スペースでいきたい場合は、上下に積んで置いてみましょう。その場合は寸法が揃っているもので、できれば固定用の金具やダボがついているものを選んでください。また、同じ大きさの棚だったら、重量のある方を下にしましょう。

収納のポイントは、いかに大量に詰めるかよりも、いかに出し入れしやすくするかです。収納量を増やすことや、隙間なく詰めることに重きをおいてしまうと、きれいなのはその一時だけで、またあっという間に物が増えて、入ったものが取り出せない状態になります。これがまた家を狭くする原因になるのです。実用性のないコレクションでも、常に眺められ、取り出せる状態にしておく方がいいですよね。欲しい物量に応じて棚を置いたら、その範囲内でおさまるよう、中身を定期的に見直すことを心がけましょう。